憧れのデザイナーズマンションに住みたい!人気の理由とは

デザイナーズマンションは一度は住んでみたいと憧れている人も多いと思います。

見た目もオシャレですし、友達を呼んだりするのも楽しそうですよね。デザイナーズマンションどのような点が人気なのか、その魅力について解説します。

デザイナーズマンションに住みたい!その魅力とは

デザイナーズマンションというと、コンクリート打ち放しの外観というイメージをお持ちかもしれませんね。

たしかにそれはデザイナーズマンションあるあるですが、最近ではデザインも多様化し、外観もコンクリートばかりではありません。

室内も全面無垢木材を使用したものなど、空間そのものの美しさにこだわりつつ、居住者の暮らしやすさにもこだわっている物件が増えています。

ラグジュアリー感、特別感

デザイナーズマンションがおしゃれなのは外観だけではありません。

キッチンやバスルームなど、全てにこだわりを持って作られているので、やはりその特別感たるや一般の物件とは比べ物になりません。

おしゃれな空間でおしゃれな生活をしているという満足感は、デザイナーズマンションならではでしょう。

シンプルな家具が似合う

その空間そのものがおしゃれなので、あれこれと飾り立てる必要がありません。

家具も必要最低限で済むし、シンプルなものが似合います。

もちろん、スタイリッシュな家具だって似合います。普通のマンションでは浮いてしまうようなデザインでも、デザイナーズマンションならピッタリはまります。

住民と仲良くなりやすい

特別感のある家、他とは違う何かを求めて物件を探してそこにたどり着いた人が多いので、好みだとか価値観が似通った人が集まりやすいという傾向があります。

好みが似ているという点で会話も弾みやすく、仲良くなりやすいというメリットもあります。

高い家賃を払ってでも住みたいと思う

デザイナーズマンションのデメリットといえば、家賃の高さかも知れません。

他のマンションと違ってデザイナーがこだわって作っているマンションですから、たしかに家賃は高めです。

しかしデザイナーズマンションは、同じデザインのものがいくつもあるわけではありません。他のマンションと同じような部屋ではなく、洗練された「特別感」のある部屋です。

その満足感を考えた時、多少家賃が高くても住みたいと思う人が多いのです。

特にデザインやファッション関係のお仕事をしている人は、おしゃれな空間に身をおくということにこだわる人もいますから、住居兼SOHOとして使える物件も増えています。

デザイナーズマンションは住みにくい?

デザイナーズマンションはデザイン重視だから利便性などは考えておらず、実際に住んでみると機能の点でデメリットがあるという口コミも見かけますが、本当なのでしょうか。

断熱、湿気対策などができていれば問題なし

例えばコンクリート打ち放しだと夏は暑いし、冬は寒いという声も聞きます。

しかし最近では、しっかり断熱材も入り夏の暑さにも対応できている物件もあります。

また、湿気がこもらないように風通しが良い窓の配置になっていたりすれば、快適に暮らせます。

一人暮らしでもデザイナーズマンションに住める?

家賃は高めですが、それでも収入があればもちろん住むことはできます。

間取りなどを考えると共同生活にはあまり向いていない物件も多いので、むしろ一人の方が好きなように、快適に過ごせるでしょう。

デザイナーズマンションに住みたい人はまず物件に詳しくなろう!

まず、デザイナーズマンションはそれほど物件数がありません。一般の不動産情報にも出ていないことがあるので、SNSなども使いながら情報収集につとめましょう。

また、目を付けたデザイナーズマンションがすぐに入れるとは限りません。どうしてもここがいい!と思ったら、募集時期を聞いたり空き室予約をしておくなど、どうすれば住むことができるかという情報を集めることも大切です。

そして、自分と相性のあう物件を探すのが一番です。デザイナーの個性が強く出ているのがデザイナーズマンションの特徴ですから、その個性と自分の個性がぶつかり合わないこと。

これが良い物件を探すコツです。

ライター紹介

用賀不動産 株式会社ライズ・エステート

投稿者プロフィール

用賀周辺の事ならお任せください 。用賀を中心に永年従事したスタッフが、地元ならではのお宝物件や街の事などもアドバイスいたします。

用賀不動産 株式会社ライズ・エステートの最新の記事

関連記事

  1. 自宅でできる災害への備え。これだけやっておけば安心!

  2. 面倒なトイレ掃除を簡単に済ませる方法。毎日の習慣でキレイを保つ

  3. 一人暮らしでも狭くても楽しめる、バルコニー活用術

  4. 娘の初めての一人暮らしが心配!物件選びなど親として出来ることは?

  5. 冬の窓の結露を防止する対策〜オススメグッズもご紹介

  6. 子供の留守番はいつからできる?小学生が一人でいる時の注意ポイント