自宅でできる災害への備え。これだけやっておけば安心!

いつやってくるかわからない、地震や火災。特に日本は地震国ですから、いつどこで災害に見舞われるかわかりません。

いざという時のために、これだけはやっておいた方がいい!という自宅での備えについてお話しします。

家の中で怪我をしないための対策

地震で一番心配なのは、家具の倒壊と家事です。阪神・淡路大震災では多くの方が家具の下敷きになって亡くなっています。ですから家具の転倒防止対策は絶対にやるべきことなのです。

  • 本棚
  • タンス
  • テレビ
  • 食器棚
  • 冷蔵庫
    などの大型家具は必ず壁に固定するなどして倒れないような対策をしてください。

特に大事なことは、

  • 入り口付近に大きな家具を置かない。
  • 子ども部屋には背の高い家具を置かない

ということです。入り口付近に大きな家具があると、倒れて避難経路をふさいでしまうことになり、火事などが起きた場合に逃げることができなくなってしまいます。

食料、日用品などの備蓄

災害が大きいと、数日は食料が手に入らないかもしれません。わざわざ災害用のものを揃える必要はないですが、飲料水やそのまま食べられる缶詰などがあると便利です。

特に水は大事です。固形物を食べなくても水さえあれば生き延びられます。1日1人3リットルとして、最低でも3日分の飲料水を確保しておきましょう。

チョコレートなどエネルギーになるものもおすすめです。

備蓄は1週間分

水は、飲料水以外にトイレを流すなど生活で使う水も必要になってきます。お風呂の水を張っておくとか、雨水をためるタンクを用意するなど、生活用水を確保する方法も考えてみてください。

そのほか、

  • トイレットペーパー
  • ティッシュペーパー
  • ろうそく
  • カセットコンロ
  • ブルーシート
  • 工具類

などがあると便利です。1週間くらいは助けが来なくても生活できるように備品を揃えておくといいでしょう。

簡易トイレは必須!

水が出なくなって困るのはトイレです。特に夏の気温が高い時期は不衛生になって本当に困ります。

食料は少し我慢ができても、トイレは我慢ができません。特に子供は我慢できないので、簡易トイレだけは確保しておきましょう。

ラジオ

電気が止まるとパソコンは使えません。携帯電話は充電ができている間は使えますが、ネットが混み合っている時にはうまく連絡が取れないですし、情報が入ってこないと何をどうしたら良い変わらず不安になります。

そんな時はやはりラジオが役に立ちます。ラジオは乾電池式のものでもいいですが、できればソーラーパネルがついていて太陽光で充電できるものがおすすめです。

備蓄品、非常持ち出し袋のチェック

食料や水以外に、ナップザックなどに入れておきたいものをリストアップしておきましょう。

  • アルミホイル
  • ラップ
  • ウェットティッシュ
  • マスク
  • 帽子(できれば防災頭巾)
  • 手袋(軍手)
  • 雨具
  • 懐中電灯(ヘッドライト)
  • 携帯の充電器
  • タオル
  • 絆創膏、ガーゼなど応急処置の道具
  • ビニール袋
  • 使い捨てカイロ
  • 携帯トイレ

など。結構たくさんありますが、このくらいは持ち出せるようにしておきたいものです。

救急セットやビニール袋などの消耗品は100均でもありますが、いざという時の備えですから防災用品を売っているところでセットで買うことをおすすめします。

防災グッズはいざという時に持ち出すものなので、寝室または玄関に置いておくことが大切です。間違っても、押入れの奥にしまうということのないようにしましょう。

避難場所への経路のチェック

万が一家が倒壊するなどしてそこにとどまることができない場合、一刻も早く避難所へ移る必要が出てきます。

  • 自宅から一番近い避難所
  • 避難所までの経路

を、普段からチェックしておくことをおすすめします。

特に経路は大事です。もしかしたら普段使っている道が塞がって通れない可能性もあります。どの道からだったら安全に行けるのか、高齢者や子どもが家族にいる場合は要チェックです。

避難所へ行けるとは限らないからこそ、自宅での備えが大事

大きな災害が起きると、避難所で全ての被災者を収容することが難しい場合が出てきます。特にこれから起きると予想されている東海地震は首都圏を含んでいるため、避難者の人数は途方も無い数になるでしょう。

がたくさんいるところではストレスが溜まり体調を崩すこともあります。それで、不便ではあっても自宅で避難生活を続ける人が多いということもこれまでの経験からわかっていることです。

ですから、なおさら自宅での備えが必要となってくるのです。水道などのライフラインが復旧するまでどうやって家族で過ごすかということを考えて、復旧が長引いてもなんとかやっていけるようにしなければなりません。

ライター紹介

用賀不動産 株式会社ライズ・エステート

投稿者プロフィール

用賀周辺の事ならお任せください 。用賀を中心に永年従事したスタッフが、地元ならではのお宝物件や街の事などもアドバイスいたします。

用賀不動産 株式会社ライズ・エステートの最新の記事

関連記事

  1. 辛い時期を乗り越えるための花粉対策〜部屋の中の花粉を取り除こう

  2. これで気にならない!洗濯物の嫌な臭いや黄ばみを取る簡単な方法

  3. バスタイムを優雅に過ごす、アロマバスソルトの作り方

  4. 炊飯器でお米を炊くだけじゃもったいない!ここまで出来る、米以外の利用法

  5. 寝たいのに眠れない時の対処法。ストレスを和らげてぐっすり眠ろう

  6. 面倒なトイレ掃除を簡単に済ませる方法。毎日の習慣でキレイを保つ