引っ越しで電化製品を処分する費用を少しでも安くする方法

引っ越しの時に、ついでに電化製品を買い替えてしまおう!と思っている人は多いと思います。

古いものは新居に運ぶのではなく捨ててしまいたいわけですが、電化製品の種類によってはかなりお金がかかってしまいます。

これらの家電を安く引き取ってもらうことはできないか、少しでも費用を抑える方法についてまとめました。

リサイクル家電を安く処分する方法

家電リサイクル法によって、

  • テレビ
  • エアコン
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機(衣類乾燥機)

については、材料をリサイクルするために勝手に捨ててはいけないことになっています。粗大ごみとして出すことは出来ません。

たとえ小さいテレビや冷蔵庫であっても、「ゴミ」として捨てることが出来ないので、お金がかかるのです。

基本的な処分方法は、

  1. 買った電気店に引き取ってもらう
  2. 家電リサイクルセンターに回収してもらう
  3. 指定引き取り場所に直接持ち込む

という3つのパターンがあります。

回収してもらうには、リサイクル料金に収集・運搬費がかかります。リサイクル料金はメーカーや大きさによって違ってきます。

収集料金などを考えますと、もちろん大きさにもよりますが、だいたい家電1つにつき3000〜5000円くらいになるでしょう。

こちらも参考にしてください⇒『家電リサイクル料金の一覧』

買ったお店に頼む

家電を処分するということは新しいものを買うからですよね。その場合は、年式にもよりますが、処分というよりも「下取り」してもらえる場合があります。

それなら処分費用もかからず、むしろわずかとはいえプラスになる可能性もあります。

廃品回収業者は「許可」が必要

冷蔵庫やテレビなどを安く引き取ります、といったチラシが入っていたり、トラックが回っていることがあると思いますが、それらの業者を利用する場合は「許可」を得た業者であるかどうかを確認する必要があります。

許可を得ていない業者にうっかり頼んでしまうと、不法投棄などの問題も起きますし、高額請求のトラブルも起きているので心配です。

もし廃品回収業者に安く引き取ってもらいたいという場合は、その業者が正規の委託を受けている業者なのかどうかを確認してからにしましょう。

業者の処分費用は、これも大きさや年式によりますが、2000〜5,000円くらい、これに出張費などがプラスされます。

ネットオークションで売る、知人に譲る

もしまだ使えるキレイな品であれば、譲ったり売ったりということも出来そうです。金額はいくら安くても、処分するのに数千円かかるはずだったものがプラスになるなら儲け物です。

ただし、自分で配送するとなるとそれはかなり手間ですし、配送料が高くついてしまいます。配送料は相手に負担してもらう形にするか、近くの人なら車で取りにきてもらった方がいいですね。

一般の生活家電を安く処分する方法

一般の生活家電なら、自分で処分することが出来ます。

高さや幅がおよそ30cm以内の家電であれば、普通に「不燃ゴミ」として出すことが可能です。

粗大ゴミとして出す

大きなものは粗大ゴミとして、自治体に回収してもらうのが一番簡単な方法です。インターネットから申し込むことも出来るので、あとは回収券を買って貼るだけでOKですね。

不用品回収業者に持っていってもらう

リサイクル家電と同じく、業者選びがとても難しいですね。

徹底的に口コミなどで比較して、ぼったくられないことを確認しないと、思わぬ料金をふっかけられてしまうこともあります。

不用品買取業者に買い取ってもらう

処分費用を取るのではなく、買取をしてくれる業者もあります。ただし、これも業者選びが大事です。

買い取るということは売る目的があるのですから、古物を販売できる許可を持っている業者を選ばないと、悪徳業者に手を貸すことになってしまいます。

引っ越し業者に処分してもらう

引っ越し業者の場合は、事前にしっかり見積が出来るのと、当日まで手元に置いておいて、必要なものだけ持っていってもらい、不用品をそのまま回収してもらえるというメリットがあります。

ものによっては無料で引き取りまたは買取までしてもらえるので、処分費用はかなり浮かせることが出来るかもしれません。

結論:引っ越し業者との料金の比較をする

一般家電は、しっかりした引っ越し業者に引っ越しを依頼し、その際に不用品を引き取ってもらうことが一番費用を抑えられるでしょう。

よほど古くて傷ついている家電でなければ無料で引き取ってもらえます。

有料になった場合は、その家電のみ、粗大ゴミと不用品引き取り業者と、どれが一番安いか、料金を比較してみましょう。

その際は、引き取り料金だけでなく、出張費なども考慮して下さい。小さな家電なら、粗大ゴミの方が安いかもしれません。

リサイクル家電については、電気店で下取りなどをしてもらうのが一番だと思います。

下取りできない場合はリサイクル料金を払うことになりますが、もし車などを持っている場合は、自分で家電リサイクルセンターに持ち込めば、収集料金を払わずに済みます。

ライター紹介

寄稿者

奈南 有花フリーライター

ホームページ

2012年まで社会保険庁(日本年金機構)にて年金関連業務に携わる。 肌の弱かった長女のために様々な自然療法を試すうちにアロマテラピーにたどり着き、独学で勉強を始め、2010年にはアロマ環境協会のアロマテラピーインストラクターの資格を取得する。 現在、国家公務員とアロマ講師の経験を生かした記事を書く「アロマコンサルタント」と「webライター」として活躍中。 アロマセラピストスクールメディカルアロマ講師兼副学長

記事投稿・監修

わが街プロジェクト事務局

投稿者プロフィール

全国の不動産屋さんによる総合情報発信サイト「おいでよわが街」を運営しています。事務局からは生活関連の有益な情報を時に専門家の執筆で発信していきます。

わが街プロジェクトの最新の記事

関連記事

  1. 紫外線防止グッズの選び方

    日焼けに大きく差がつくポイント!紫外線防止グッズの選び方・使い方。

  2. 一人暮らしと実家暮らし、どちらが経済的?メリットとデメリット

  3. 冬の窓の結露を防止する対策〜オススメグッズもご紹介

  4. 重曹とクエン酸でトイレ掃除も楽々!黄ばみや黒ずみもスッキリきれい

  5. アルミホイルの便利な使い方色々。こんなにあれこれ使える便利グッズだったとは

  6. 忙しくてジムに通えなくても、室内で出来る簡単なダイエット方法