冬の窓の結露を防止する対策〜オススメグッズもご紹介

冬の結露は嫌なものですね。サッシのところの水がたまってジメジメしますし、毎日拭き掃除をするのも大変です。

少しでも結露を防ぐ方法はないのか?と思ったら、意外に簡単な方法で防止できるんです。

この冬は窓ガラスや壁の結露を防いで、快適に過ごしましょう!

カビも生えやすくなる!結露が出来る原因とは

結露が出来ると困るのは、窓や床、壁が濡れてしまうだけでなく、カビが繁殖しやすくなるからです。

そもそもなぜ結露が出来てしまうのでしょうか。その原因は「温度差」にありました。

暖房で出来た水蒸気が水滴に変わる

空気中には見えないけれどたくさんの水蒸気があります。特に冬は暖房をつけていますので、室内は水蒸気だらけ。

その水蒸気が窓などの冷たいところに接すると冷えて水に戻る=結露になるというわけです。

窓以外にも結露はたくさん!

結露が出来るのは窓だけではありません。だから厄介なのです。

  • 押し入れ
  • クローゼット
  • 下駄箱
  • 浴室
  • キッチン
  • カーテン

  • など、温かい空気とふれあう冷たい部分には結露が出来ると思った方がいいでしょう。

こんなおいしそうな結露なら許しちゃうぞ~!

結露はこうして防ぐ!賃貸でも出来る結露対策

結露対策は色々あるので、出来ることからやっていきましょう!

こまめに換気する

結露対策の基本は換気です。空気中の水分が少なければ結露は起きないので、換気をして湿度を下げます。

換気をする時は押し入れやクローゼットも開けて、部屋全体の湿度が下がるようにしてください。

あまり室温を高くしない

寒いからといってガンガン暖房をたいていると、空気中の水分が増えますので、結露の原因になります。

冬の室温は20度前後が適温です。湿度は50〜60%くらいに保てれば、結露を減らすことが出来ます。

扇風機またはサーキュレーターを使う

結露防止に加えて暖房効率を良くしてくれるのが扇風機。窓の近くの空気を送ることで、空気が窓で冷やされる前に循環させることが出来ます。

また、空気を回すことで温かい空気が天井付近にたまるのを防いでくれるので、暖房の効率が良くなります。

除湿器を使う

寒いのは嫌い、換気はあまり・・・という人は、除湿器を使いましょう。

今は小さな容量のものも出ていますから、窓際においても邪魔にならないものが見つかるでしょう。

ジメジメした梅雨の時期などに洗濯物を乾かすのにも便利なので、1台持っておくといいですよ。

食器用洗剤で窓を拭く

1週間ほど結露防止子効果が持続する方法です。

  • 水 100〜200ml
  • 食器用中性洗剤 大さじ1

これを混ぜて洗剤水を作ります。

<結露を防止する拭き方>

  1. まずは窓の結露をしっかり拭き取ります。
  2. 洗剤水を少し泡立つくらいよく混ぜて、雑巾などを浸して軽く絞ります。
  3. 窓に潜在性分を塗り付けるようなイメージでよく拭きます。
  4. 窓についた泡が気になるので、乾いた雑巾で軽く拭き取ります。

洗剤に含まれる界面活性剤の働きで結露がつくのを防ぎます。

あると便利、結露防止グッズ

結露を防止する、または出来てしまった結露をすぐに解消するためのグッズです。

新聞紙を貼る

新聞をとっているお宅なら、それを貼付けるだけで結露を予防し、窓掃除も同時に出来てしまいます。

夜寝る前に結露が始まっていれば窓に新聞を貼り、そのまま朝まで貼っておきます。

朝になったら濡れている新聞紙を丸めて捨てるだけ。

もし見た目が気になる、寝る時には結露が出来ていなければ、窓の下に新聞紙をおいておくだけでもOKです。

プチプチシートを貼る

窓に断熱材を貼って冷たくならないようにすれば結露は出来ません。高価な断熱シートは必要なく、100均でも売っているプチプチシートを貼ってみてください。

最近では柄付きのプチプチシートもあるので、色々探してみると楽しいでしょう。

結露取りワイパーを使う

ワイパーで結露を取るという簡単な道具ですが、結露が出来てしまった時はとても便利です。雑巾などで拭くと手が冷たくなりますし、糸くずが窓についたりして面倒。

このワイパーがあればさっと結露をとることができます。

窓際には吸水テープ

できてしまった結露を放置しておくと窓際がかびたり、床に水滴がたれて腐食の原因になります。

窓ガラスの下に吸水テープを貼っておけば、とりあえず水分を吸い取ってくれますので、掃除の手間がありません。

使い捨ての除湿剤

押し入れクローゼットなど空気の入れ替えが難しいところは、使い捨ての除湿剤を使いましょう。これもおいておくだけで湿気を吸い取ってくれる優れものです。

窓際ヒーターを使う

少々お金はかかりますが、窓際専用のヒーターをおいて窓際の空気を暖めるという方法があります。

窓付近の空気が冷えなければ、部屋の温度も下がりにくいというメリットがあります。色々とてマをかけるのが面倒な人は、ヒーターに頼るのもいいでしょう。

結露を見つけたら放っておかない!

結露はカビが生えるだけでなく、湿度がたまってダニを増やす原因になったり、床や柱など木製のものは腐食してしまうことがあります。

ですから、見つけたら放置しないこと!今回ご紹介した方法を組み合わせて頂ければほとんどの結露は防止できるはずです。

ライター紹介

用賀不動産 株式会社ライズ・エステート

投稿者プロフィール

用賀周辺の事ならお任せください 。用賀を中心に永年従事したスタッフが、地元ならではのお宝物件や街の事などもアドバイスいたします。

用賀不動産 株式会社ライズ・エステートの最新の記事

関連記事

  1. 一人暮らしのキッチンを快適に使うコツ〜狭くてもアイディア次第!

  2. これで心もあったまる。冬の暖かいインテリアを作るポイント

  3. 3点ユニットバスを快適に使う方法〜狭い賃貸物件でも大丈夫!

  4. アロマと風水の関係〜香りのパワーで運気もアップ!

  5. 排水溝・排水管のつまりの原因を知って自分で解消する6つの方法

  6. 風邪予防&風邪対策に役立つアロマの使い方とおすすめブレンド