不動産業者様へ

この度は当サイト「おいでよわが街」への参加にご興味を持っていただきまして誠にありがとうございます。

このページまでお越しいただいた方々は、インターネット集客に少なからずご興味だったり疑問をお持ちの方ではないかとお察しいたしますが、私どもから言わせていただければ本業のお仕事に貪欲で、知らない分野について積極的に学ぼうとされている、かなり前向きな方です。

その証拠にあなた様は自らのご意思でこの情報を取りに来られました。そうでない方とはすでにこの時点で一歩も二歩もリードされたということです。先行者利益をものにする方というのはそういう方であると思います。

大切なお時間を割いてご覧になっていただいていると思いますのでどんどん本題を進めていこうと思います。
有益なお時間を共有できればこの上なくうれしいです。

 

さて、不動産業に限らず、様々な業界でインターネットの目覚ましい普及とともに集客の形が大きく変わってしまいました。

現在あなた(お店)とお客様の間にあるものはパソコン(スマホ)でありインターネットです。人々は、ことあるごとにインターネットで「検索」という行為を通して物事を解決しようとしています。

まずはこの事実を受け入れてください。

そうです。家が欲しい、部屋を借りたいと思った人が、昔のように店頭の看板を見て来店してくる光景はほとんど消え、ほぼすべての人がネット検索というワンクッションを入れているんです。

つまりネットでの検索結果が参考であり判断材料となっているのは紛れもない事実であるからこそ現在の集客は、インターネット検索を理解しないと成り立たないといっても過言ではないのです。

ご理解された方もそうでない方もこれから動画を見ていただきたく思います。
ネット検索の目的と実情の説明で、不動産業としてのネット集客の取り組み方についても語っています。非常に興味深い内容ですので、まずはご覧ください。

画像をクリックしてください。
※音声が出ますのでご注意ください。

不動産業におけるインターネット集客の本質

いかがでしたでしょうか?
検索行為の「目的」を理解することでネット集客の方向性が見えてきたのではないでしょうか。

少々動画の補足をさせていただきます。
御社がもし会社のホームページを公開していて、さらに物件検索サイトに登録して集客をしているとします。

動画でも説明しましたが、インターネット検索の目的は以下の2通りに分けられます。

  1. インフォメーションクエリ(情報収集)
  2. トランザクションクエリ(ナビゲーション)

インフォメーションクエリとはお悩み解決のための検索であり、不動産に関する様々な疑問やお悩みを解決したい人がユーザーです。
トランザクションクエリは目的達成のための検索であり、引っ越しや家賃相場を見るために物件情報を得たい人がユーザーです。
※具体的な物件検索や不動産店探しもこちらに入ります。
(実際の検索ではインフォメーションクエリユーザーが圧倒的に多いことも説明しました。)

「おいでよわが街」は不動産業に特化した参加型集客サイトです

当施策では多くの不動産店様が手を付けていない「インフォメーションクエリ」本位の集客を支援することが最大の目的です。

インフォメーションクエリユーザーを取り込む「お悩み解決サイト」を当施策では記事情報を発信する「メディアサイト」と呼んでいますが、こういったネット集客用メディアサイトの構築にはノウハウが不可欠です。

参加型のネット集客用メディアサイト」とは、一番費用がかかるサイト構築や専門知識、それに煩わしい運営・管理作業が一切不要の、いわば出来上がった環境に参加するだけで、自社に集客用のメディアサイトが持てる、いや、参加するだけで自社で持つ以上の成果を発揮してくれるのです。

その内容をご説明します。

サイト説明

サイト名:プロによる不動産情報サイト「おいでよわが街」
URL:https://fudousanten.com/
目的:参加型のネット集客用メディアサイト

ステップ1.店舗PRページ作成

ご入会後の最初の作業は、当サイトのコンテンツのひとつである「全国不動産屋さん検索」に掲載する御社の宣伝ページを作成していただきます。

まずはサンプルをご覧ください。
これは「サンプル不動産」という架空の不動産店のPRページです。

サンプルを見る

PRページは、各店舗に1ページ割り当てられており、自由な発想でページを作成できます。ユーザーは不動産屋さんを探す目的でリンク集としての機能に加え、あらゆる場面で閲覧してもらえるように設計されています。

PRページには、指定したページにワンクリックで飛ぶことができるリンクボタンを任意で設定できるほか、スタッフ紹介や店舗写真等で工夫次第で親しみやすさを演出して来店しやすさをアピールできます。

ステップ1では、このPRページを完成させていただくのが主な作業になりますが、マニュアルを完備しておりますので、その通りにやっていただければどなたでも作業が出来るようになっています。
会員になったら、ステップ1は必須作業になります。
入会後3か月以内にPRページを公開していただけない場合は退会扱いとなり、今後再入会は出来なくなりますのでご注意ください。

ステップ1を済ませていただければ、ステップ2に進まなくても会員資格は続き、継続して当方からの有益な情報を受け取っていただけます。ですからステップ1が済みましたら、ご都合のいいタイミングでステップ2にお進みいただければと思います。

ステップ2.記事情報発信

ステップ2は当サイトのメインコンテンツであるネット集客のための「ユーザーお悩み解決記事」の発信です。

参加型メディアサイト最大のメリットは何といっても時間短縮です。一社で毎日コツコツ記事を投入するのと、全国の専門家が寄ってたかって投入するのとでは比較にならないくらいのスピードでサイトが育っていくのです。

ここで実際に公開されている記事をご覧になってみてください。↓↓

【プロが回答】東京の部屋探しのタイミングは?一番いい時期っていつ?

その他にも、サイトに入っていろんな記事をご覧ください。記事ひとつひとつの末尾にその記事を書いた会員の紹介が掲載され、それをクリックするとステップ1で作ったPRページに飛ぶ仕組みです。

つまり記事を投稿すればするほど御社のホームページへ誘導するための導線が増えていくのです。

当方では不動産以外の各方面の専門家を外部ライターとして招いて「生活関連」記事をアップし、サイト全体の記事ボリュームアップも目指しております。

記事を作成するには、コンテンツSEOを意識した様々な手法を覚えていただく必要がありますが、当施策の中にてしっかりレクチャーを行っております。会員専用サイトには、それらの教育カリキュラムが組まれておりますので順番に学んでいただければ知識とスキルが身に着くようになっています。ですから上の記事をみて「このような記事が書けるかなあ?」と思っている方も心配は無用です。

一度スキルが身についてしまえば、その技術はあなた様個人の財産として、当サイトだけにとどまらず御社ホームページや個人のブログ運営まで展開が可能です。当サイトには何件でも好きな時に好きなだけ記事を投稿し続けてください。その活動が後々効果となって現れてくるのが実感できるでしょう。

SEO対策について

お悩み解決系のいわゆるインフォメーションクエリ対策の記事は、どのようにしてユーザーに読まれるのでしょうか?

ネット上にアップされた記事は「Google(グーグル)」などの検索サイトに掲載される必要があり、ユーザーが検索サイトで自分の悩みを解決しようと記事を検索した時にそのユーザーの目の前にあなたが書いた記事が出てこなければ、たとえそれが良い記事であっても、いつまでたっても読まれることはありません。

自分の記事を検索一覧の目立つ位置に上げるために行う施策が「SEO対策」と言います。

自分の記事を検索上位に上げようと思ったら「コンテンツSEOによるウェブライティングで記事を作成する」必要がありますが、このことについて、ここで説明しだすとかなりのページを要しますので割愛します。入会後のカリキュラムの中でかなり詳しくやっていますので楽しみにしていただければと思います。

ただ、非常に大切なことでもあるので特別にざっくりご説明したいと思います。

SEO対策という呪縛

  • 「御社のサイトを拝見しました。今すぐSEO対策をしましょう。」
  • 「SEO対策をすれば現状よりもっと集客できますよ。」

このような会話で営業電話が来たことありませんか?

これらは「SEO業者」と言われる人たちが日々営業やダイレクトメールで使用する営業トークです。ネットの世界でよく使う「SEO」という言葉は一般の人にとっては何のことだかわからないですよね。

ネットの業界には様々な専門用語がありますからそれを逆手にとって営業されたら、「なんか難しそうだから任せたほうが安心かな」なんて思って契約してしまう人もいるのではないでしょうか。

その結果、なんか成果が上がったのか上がっていないのかわからないまま高額の請求書が届いたりします。

そこで、ここでは皆様がもしSEO対策は難しいとかお金がかかるのでは?という先入観をお持ちでしたら、その呪縛を解いて差し上げます。

SEO対策とは「高額医療手術」のような医師先生にお任せするものではなく、日頃のジョギングや食生活のように「やるべきこと」を常にやっていればいつの間にか健康でいられる、いわば健康法みたいなものだと思ってください。

そして最新のSEO対策はまさに上記の健康法のように一朝一夕で実現するものではなく、成果が出るまでには時間がかかるということだけ覚えておいていただければ「すぐに成果が出ますよ」なんていう言葉がいかに嘘くさいか、その業者の判断も容易にできるのです。

健康維持に必要なものはそれなりの知識と自分でやるという意識であって、余分なお金は必要ありませんよね。例えば腕立て伏せを毎日10回やったとしたら、数日だけでは大した変化もないでしょうが、半年後には見違えるほど体形が変化しているのではないかというのはおそらく誰でも想像できますよね。

だけど、みんなわかっているのにやらないのは目先の成果で挫折してしまうからです。

SEO対策も同じです。当施策でお教えする知識と自分でもできるんだという意識だけあれば、同じく余分なお金なんてかからないのです。毎日とは言わなくても、コツコツ決められたことをこなしていくうちに、やった人とやらなかった人との成果(集客や報酬)の差が歴然とするのは火を見るよりも明らかなのです。

前置きが長くなりましたが、SEO対策について動画でざっくり説明しますのでご覧ください。

画像をクリックしてください。
※音声が出ますのでご注意ください。

上の動画では、SEO対策の大枠をザックリ説明いたしましたが、カリキュラムの中ではもっと詳しく説明しておりますので、今現在まだわからないことがあっても心配しないでください。

SEO対策の大枠がわかったところで、動画の中で言っていました「コンテンツ」つまり記事というのは、皆さんがプロとしてお持ちの知識を記事にしてネット上にアップするということです。ネット内では専門家の記事を必要としているたくさんのユーザーがあなたの記事を待っているんだということを知っておいてください。

そして、その記事をネット上に上げるツールとして、いわゆるブログのシステムを使用します。

皆さんは「ブログ」という言葉を聞いたことくらいはあるのではないでしょうか。

よく芸能人がブログでプライベートを公開したり重大発表をしたりするたびに話題になりますよね。でも勘違いしてほしくないのは、自分の身の回りのことを書いて話題になるのは有名人に限ってのお話です。

不動産業に限らずお店なんかのホームページを見ると「スタッフブログ」なるものがよくありますが、あれって誰に向けて何を言わんとしているのかがわからないものが多くないでしょうか?

個人的な話題は個人のブログに書けばいいことです。会社やお店のホームページやブログに来る人たちは、何らかの情報を得たいがためにわざわざ来ているのです。そこに求められるのは「自己満足」な内容より「他己満足」な情報のはずです。

ブログは情報発信ツールとしては素晴らしいものです。ですから不動産店の集客ツールとして正しい目的と方法で使いこなすことが出来ればかなりの収益を運んでくれる夢のツールに変えることができるのです。

当サイトのシステムは、「ワードプレス(WordPress)」という、現在世界中で最も使われているCMS(コンテンツマネージメントシステム)を使用しております。このシステムをあえて使用している理由もそのうち理解していただけると思います。

それでは次に「やる気」をもって参加していただく皆様にお伝えする「知識」の内容を少しだけお伝えいたします。

カリキュラムのご案内

当施策のカリキュラムはステップ1とステップ2合わせて60項目以上のテーマを約100本の動画と共にわかりやすく説明しております。マニュアルをはじめから言われた通りに実践すれば「おいでよわが街」で展開するPRページや記事発信ができるようになり、ひいては自社サイトやご自身のブログにもノウハウの応用ができるだけの腕前となり、身についた技術は生涯ご自分の財産となるでしょう。

サンプル動画

カリキュラム内の動画を試しに3本ご覧いただけます。

ステップ1「店舗PRページの説明」

ステップ1「準備編」画像の準備

無料のウェブサービスを使って写真画像の大きさやトリミング(抜き出し)を行います。自身のブログや物件情報の写真加工にも使えますので覚えておいて損はありません。

ステップ1「PRページを作ろう」アイキャッチ画像

上記カリキュラムをすべて無償でご提供いたします。

運営者紹介

遅くなりましたが、ここで私の自己紹介をさせていただきます。

株式会社カスタムインテグレートの塩沢と申します。よろしければ私のことは下のページをご覧ください。

補足になりますが、かつて私たちが営んでいた不動産店は渋谷のホテル街の入り口にありました。

ネットで集客しては外まで迎えに出る。そうしないとお店の場所さえもわからないくらいわかりにくいところに店舗(マンションの一室ですが)はありました。しかしそこで私はインターネット集客の実力を実感しました。

お部屋探しの方法をメールマガジンで発信しているうちに次第にお客さんが増えて行ったのです。その人たちは口をそろえてこう言ってくれたのを今でも忘れません。

部屋を探すときは塩沢さんにお願いすると決めていました。

お客様は私の記事を読んでくれて、その内容とそれを書いた私を信用してくれていたのです。ですからまだ会ってもいない状態で営業の大半は終わっており、「はじめまして」の次にはすぐに物件の紹介から始めることができたのです。

当然のことながらそのお客様たちの決定率は100パーセントです。しかも営業時間の短縮にもなりました。

インターネットは、お客様に実際にお会いする前に信頼関係を構築できるということを私は身をもって実感したので、これらの経験を踏まえて企画した当方の施策は自信をもって皆様にお伝えできると自負しております。

当方のお誘いに目を通していただき、お忙しい時間を割いてここまで読み進めてきていただいた皆様には何らかのご縁があるのかと勝手に思っています。是非ご一緒できればうれしいです。

 

不動産業は、同じ業界の人同士がバッティングしないでひとつのサイトで集客が出来る希少な業界だと思っています。そんな利点を最大限に生かしたのが当サイトなのです。

そして「おいでよわが街」よる情報発信は全国区です。
お店が地方にあろうが、都市部にあろうが、また大手・中小の分け隔てがないのがネットによる集客です。まさにどんな状況に置かれている店舗でも同じ土俵で戦えるというのが最大のメリットなのです。

全国のユーザーに自分が発信した記事が読まれ、興味を持ったユーザーはリンクを辿って貴店のサイトに流れ込みます。これがアクセス数の底上げに貢献し、訪問者数という分母を増加させることで決定の確率が上がるのは周知の事実です。

その最先端で集客してくるのが当施策であるメディアサイト「おいでよわが街」なのです。本来集客用のメディアサイト運営には成果が現れてくるまでに膨大な時間がかかりますが、当施策の参加型メディアサイトにはその課題でもある時間を、いとも簡単に克服していることはすでにご説明したとおりです。

第2期 おいでよわが街 地域版

それでは次の展開のお話も少しさせていただきます。

ステップ1・2のカリキュラムが第1期だとしたら次に第2期もご用意しております。

第2期は、その名も「おいでよわが街 地域版」

インターネットはワールドワイドに情報を発信できます。その利点を大いに利用したのが第1期の「おいでよわが街」であったのに対して、第2期はいよいよ地域施策です。

貴店が営業を展開している地域をピンポイントに狙った「地域SEO」の展開となります。

まず、すでにスタートしているサイトをご覧ください。↓↓
※スタート間もないため、現在基本情報登録中であることをご了承ください。

おいでよわが街 地域版「おいでよ用賀」

地域密着型の情報サイトを、その地域の居住者・勤務者、その地域に興味を持っている人に向けて発信します。貴店には、それらの人たちが常に閲覧・利用するサイトの管理者になっていただくということです。

このサイトも運営は当方が行っておりますので、会員様には「情報の登録・管理」のみで地元に最大限の宣伝効果を発生させます。またサイト管理という名目があれば地元の商店や施設の方との交流も容易にできやすく、空き予定物件などの情報収集や、使い方次第で様々な地元貢献ができるでしょう。また運営側からは様々な施策の提案も行っていく予定です。

この情報サイトが地元の人たちの、いわばなくてはならないサイトになれば、そのサイトを管理する御社の知名度と信頼度は必然的に上がるでしょう。その後に発生するものは、リピートや紹介ではないでしょうか。

つまり「この地域の不動産のことならあのお店だよね」って言わせる施策が第2期の「おいでよわが街 地域版」ということになります。

地元を一番よく知る不動産屋さんによる居住者や勤務者のための情報サイトは、観光目的で来る人たちを対象とした巷のタウンガイドや観光案内とはコンセプトが違い、完全に差別化しています。

第1期の「おいでよわが街」と第2期の「おいでよわが街 地域版」は、連動しているため、お互いになくてはならないのです。

是非皆様には第1期、第2期通じてご参加いただければ幸いです。

第2期の施策はワードプレスの高度なオペレーションが必須なため、第1期のカリキュラムを終了した会員様というのが参加の条件となります。また第2期は多少の「参加費(月額)」をいただく形となりますが、サイトがもたらすであろう効果を鑑みれば驚くほど安価に設定しておりますのでご安心ください。

当施策の集客構想図

第1期 参加申込み方法

申込は1社1アカウントです。

・支店等があって、管理者が異なる場合は複数アカウントの申込みが可能です。
(それぞれのお申し込みが必要です。)

・支店等があっても、一人(あるいは本社)が全てを管理する場合は1アカウントです。

参加のお申し込みは当ページの最後にあるフォームにて行います。

お申し込み(継続)条件

当方の規約に同意していただき、ネット集客に前向きに取り組んでいく意思があることが前提となります。

また、当方が不定期に発信するメール(メールマガジン)を受信していただくことが継続の条件です。
※メールマガジンを解約あるいはメールが届かない状態が続く場合は解約となり、掲載内容は削除されます。

料金

無料

以上で「おいでよわが街」参加申込みについての説明は終了です。

皆さまと一緒にネット内にムーブメントを起こせることを楽しみにしております。